投稿日: カテゴリー 壁掛けテレビお役立ち情報

壁掛けテレビにテレビ台は不要?壁掛けとテレビ台の共存を考える。

テレビを壁掛けしたらテレビ台はどうする?

テレビ台は文字通り「テレビを置くための台」です。
テレビを壁掛けしてしまえば、そもそもテレビを置く必要がないしテレビ台もいらないよね?と考える方は多いと思います。
確かにその通りです。
テレビ台をなくすことで、壁掛けテレビの省スペース性を最大限に発揮でき、お部屋を広々使えます。

でもちょっと待ってください!
実はテレビを壁掛けしても、テレビ台を使うメリットがあるんです。

これが重要!やっぱり魅力的な収納力!

テレビを壁掛けにして困るのが、ブルーレイやゲーム機、各種チューナー、スピーカーなど周辺機器の置き場所です。
テレビ台があれば、これらの機器を違和感なく収納することができますよね!
テレビを壁掛けしてもテレビ台を残せば収納力抜群!

テレビは壁掛けされていますから、本来テレビを置くはずだった場所は丸々あくことになります。
実はこれだけでもかなりの省スペース効果を発揮します。

見た目は大事!配線を隠蔽しやすい!

テレビを壁掛けすると、どうしても電源コードやアンテナ線など、各種配線がダランと垂れ下がってしまいます。
これではみっともないので、テレビを壁掛けする際はいかにして配線を隠すか?が大きなテーマとなります。

関連記事2017.07.14

壁掛けテレビは配線命!注意点もまとめてみました!

壁掛けテレビの下にテレビ台を置けば、配線が露出する距離がグッと短くなります!
ちょっと配線をまとめるだけでもきれいに見えます。
テレビを壁掛けすれば、配線を隠す距離が少しですみます!

この配線隠蔽のしやすさは、テレビを壁掛けする上でテレビ台を使用する大きなメリットのひとつです。

よーく考えると・・・ムリにテレビの下に置く必要はない

周辺機器の置き場所は、必ずしも壁掛けテレビの下にする必要はありません。
必要最低限の収納ラックを用意し、お部屋の隅に置いておくのでもよい訳です。

最後に

いかがでしたでしょうか?

テレビを壁掛けしてしまえば基本的にテレビ台は不要です。
テレビを壁にかけただけのスッキリとした仕上がりは壁掛けテレビの醍醐味でもあります。

しかし、ここまで説明してきたとおり、あえてテレビ台をそのまま使うメリットも十分あります。

ぜひ検討の参考にしてくださいっ。

成田店長

投稿者: 成田店長

テレビ壁掛けショップ本店の店長やってます! 街で壁掛けテレビの裏側を覗きこんでいる人がいたら、それはたぶん僕です(笑)