これをやれば全て解決!テレビ金具適合診断

テレビ壁掛けショップ本店 ホーム >  設置方法-壁構造の調べ方

設置方法-壁構造の調べ方

設置の手順

自分で設置が難しそうなら・・・

工事業者のご紹介

壁構造の調べ方

壁掛けをするためには、まず壁の種類、及び構造を調べる必要があります。

難しく感じるかもしれませんが、ポイントさえわかれば簡単です。

以下のステップにそって、壁の構造を調べてみましょう。

  • ※ あくまでも一般的な壁の構造に関する説明のため、建物の工法により壁の構造が異なる場合があります。
    判断の目安としてください。
  • ※ ご自身での判断に不安がある場合、プロの施工業者にお願いするようにしてください。

STEP1まずは見てみる

まずはテレビを壁掛けしたい壁を見てみましょう。

見るだけで判断できるのは、以下のような壁でしょうか。

ほとんどの場合、壁にはクロスが張ってあります。

クロスが張られている場合は、見るだけでは壁の材質がわかりません。

次のステップに進みましょう。

STEP2ノックしてみる

次に、壁をノックしてみましょう。

・壁が固くつまった感じ

・壁裏に空洞がありそうな感じ

どちらかで判断ができます。

コンクリートノック
コンクリート壁をノック
壁空洞ノック
壁裏空洞ノック

ペチペチと固く詰まった感じの場合、コンクリート壁の可能性が高いです。

コンコンと壁裏に抜ける感じの場合、石膏ボードや合板の可能性が高いです。


ここでは、壁材質のアタリだけつけて、次のステップに進みましょう。

STEP3ピンを刺してみる

次に、壁の目立たない場所にピンを刺してみましょう。


ピンがサクッと刺さる
ピンの先端をチェック

ピンが簡単に刺さった場合、ピンの先端を見てみましょう。白い粉がついていれば普通石膏ボード壁で確定です。

※ほとんどの方はここに該当するはずです。


白い粉がつかない場合は、うすいベニア板の可能性が高いです。

※確実に判断したければ次のステップに進みましょう


ピンが刺さらない

ピンがまったく刺さらなく、かつノック音が固く詰まった感じだった場合、ほぼコンクリート壁と判断してよいでしょう。

※確実に判断したければ次のステップに進みましょう


なんとかピンが刺さる

グリグリとがんばってなんとかピンが刺さる場合、厚みのある合板や硬質石膏ボードの可能性が高いです。

確実に判断するため、次のステップに進みましょう。

STEP4壁材質を直接みる

コンセント口を外してみる
コンセント口をはずす
ドライバーで表面をなぞる

コンセント口を外せば、壁の材質を直接見ることができます。

普通石膏ボード・硬質石膏ボードの場合は、ドライバーで断面をなぞると白い粉がつきます。

※安全のため、ブレイカーを落としてから作業してください。

天井裏から見てみる
ユニットバス
天井の点検口

ユニットバスや天井の点検口から覗けば、直接壁の材質をみることができる場合があります。

クロスを剥がしてみる
カッターで切れ込みを入れる
クロスをはがす

よく切れる新しいカッターの刃で切れ込みをいれると、部分的にクロスを剥がすことができます。

壁紙補修用のノリをつける
ローラーできれいに均す

壁紙補修用のノリとローラーがあれば、キレイに元に戻すことができます。

ここまでやれば、確実に壁の材質を見極めることができます。

pick up

お買いものガイド

営業日カレンダー

2019年6月
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
2019年7月
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
ご質問、ご相談等お気軽にお問い合わせください!
フォームからのお問い合わせはこちらから

私たちが運営しています!

当ショップのスタッフは、テレビの壁掛けを推進しようとこのビジネスに関わってから、
5年以上になるベテランばかりで構成されています。
加えて全国対応可能の壁掛け工事業者(年間3000件の工事実績のあるネットワーク会社です)
とも連携をとり、家庭へのテレビ壁掛けの普及に向けて頑張っています!

壁掛けに対する不安、疑問、ご意見、ご要望など当ショップにお任せください!
ベテランスタッフが自信を持ってお客様の声に答えさせていただきます!

お買いものガイドをもっと見る

ページの先頭へ