※こちらの検索を行えば、お客様のテレビに合った金具をすぐに見つけることができます。

ホーム >  設置方法-壁構造の調べ方

設置について-壁構造の見極め

設置の手順

自分で設置が難しそうなら・・・

工事業者のご紹介
壁構造の調べ方

壁掛けをするためには、まず壁の種類、及び構造を調べる必要があります。
難しく感じるかもしれませんが、ポイントさえわかれば簡単です。
以下のステップにそって、壁の構造を調べてみましょう。

  • ※ あくまでも一般的な壁の構造に関する説明のため、建物の工法により壁の構造が異なる場合があります。
    判断の目安としてください。
  • ※ ご自身での判断に不安がある場合、プロの施工業者にお願いするようにしてください。

STEP1 まずは見てみる

見るだけで判断できる壁には以下のようなものがあります。

  • コンクリート打ちっ放し
    コンクリート打ちっ放し
  • 木壁
    木壁
  • 土壁/砂壁
    土壁/砂壁

STEP2 ノックしてみる

壁紙(クロス)が張ってあるなど、見るだけでは壁の材質がわからない場合は、壁をノックしてみます。

  • 硬く詰まった感じ
  • 裏に空洞がありそう

壁をノックしてみて、壁裏に空洞がなく詰まっている感覚の場合はコンクリート壁に壁紙(クロス)を貼っている可能性が高いです。

壁裏に空洞がありそうな感覚の場合は石膏ボードや、ベニア・合板などの木壁に壁紙(クロス)を貼っている可能性が高いです。
ここでは壁材質のあたりをつけて次に進みます。

STEP3 ピンを刺してみる

壁の目立たない場所に画鋲などのピンを刺してみます。

  • ピンが簡単に刺さる場合
  • 針の先端を確認

ピンが刺さった場合、針の先端を見てみましょう。

白い粉が付いている場合は、普通石膏ボード壁で確定です。白い粉が付かない場合は木壁の可能性が限りなく高いです。

  • ピンがまったく刺さらず、かつノック音が硬く詰まった感じの場合は、コンクリート壁の可能性が限りなく高いです。

    かろうじてピンの先端のみ刺さる程度で、かつノック音が空洞がありそうな場合は、硬質石膏ボードの可能性が高いです。

    ※硬質石膏ボードとは、普通石膏ボードよりも高い密度で作られており、針もささらないくらいの硬さが特徴です。高層マンションなど建物をなるべく軽くしたい時などによく使われます。

STEP4 壁の材質を直接見る

コンセントカバーを外してみる

コンセントカバーを外せば、壁の断面を直接みることができます。石膏ボードの場合は、ドライバーで断面をなぞると白い粉がつきます。

※安全のため必ずブレーカーを落としてから作業してください。

天井裏から見てみる

天井裏に続く点検口があればそこから覗いてみます。壁の材質を天井裏から直接見ることができる場合があります。

壁紙(クロス)をはがしてみる

  • よく切れる新しいカッターの刃で切り込みを入れると部分的に壁紙(クロス)を剥がすことができます。

壁紙破れ用の糊とローラーがあれば、綺麗に補修できます。

お買いものガイド

お買いものガイド お買いものガイドをもっと見る

お支払方法は3種類 詳しくはこちら

クレジットカード 代金引換
郵便振替・銀行振込(前払い)

営業日カレンダー

2017年3月
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
2017年4月
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
ご質問、ご相談等お気軽にお問い合わせください!
フォームからのお問い合わせはこちらから

お支払方法は3種類 詳しくはこちら

最短翌日配送!※「あす着サービス対応」と記載がある商品 1万円以上のご購入で送料無料
全国一律送料\500(税込)
  • ※沖縄・離島につきましては別途1750円かかります

私たちが運営しています!

当ショップのスタッフは、テレビの壁掛けを推進しようとこのビジネスに関わってから、
5年以上になるベテランばかりで構成されています。
加えて全国対応可能の壁掛け工事業者(年間3000件の工事実績のあるネットワーク会社です)
とも連携をとり、家庭へのテレビ壁掛けの普及に向けて頑張っています!

壁掛けに対する不安、疑問、ご意見、ご要望など当ショップにお任せください!
ベテランスタッフが自信を持ってお客様の声に答えさせていただきます!

お買いものガイドをもっと見る

ページの先頭へ