投稿日: カテゴリー 壁掛けテレビお役立ち情報

【徹底解説】壁掛けテレビのハードディスクをすっきり収納!一気に解決する方法

テレビを壁掛けしたら外付けHDDはどうする?


テレビを壁掛けしたいけど、録画機能は欲しい!
そうすると外付けハードディスクの置き場所に困るな・・・。


こんな悩みを解決します。

もしテレビ台を使っているのであれば、外付けハードディスクもテレビ台に収納できるので、さほど問題にはなりません。

ところが、壁掛けテレビとなるとそうはいきません。
テレビが宙に浮いている状態になるので、テレビ台のように「置く」スペースが存在せず、外付けハードディスクは行き場を失ってしまいます・・・。

このような問題を解決するために誕生したのが、今回紹介する収納スペース付きの壁掛け金具です。

この金具を使えば、一発で「外付けハードディスク収納問題」を解決できます!

壁掛けテレビの外付けHDD置き場所問題とは

壁掛けテレビの場合、通常では外付けハードディスクを置く場所はありません。

それでは今までどうしていたか?というと、
・壁掛けテレビの下にわざわざテレビ台などの収納スペースを設ける
・テレビの裏にどうにかして括りつける
など、決してスマートとは言えない方法しかありませんでした。

外付けハードディスクの他にも、レコーダー・プレイヤー・ゲーム機・セットトップボックス・スピーカー・アンプなど、収納するべき周辺機器がたくさんある場合、テレビ台はとても有意義です。

しかし、外付けHDDを置くためだけに・・・と考えると、テレビ台を使うのはもったいないですよね。

そこで僕たちが開発したのが、今回紹介する収納スペース付きテレビ金具「TVセッターRKシリーズ」です。

収納付きテレビ金具「TVセッターRKシリーズ」のご紹介

「TVセッターRKシリーズ」は、収納スペースを持つテレビ壁掛け金具です。

外付けハードディスクの他にも、置き場所に困る電源アダプター・その他コード類など、すっきりとテレビ裏に収納し、本当の意味でスマートな壁掛けテレビを実現します。

それでは「TVセッターRKシリーズ」をより詳しく見ていきましょう。

「TVセッターRKシリーズ」の種類

「TVセッターRKシリーズ」には、
・チルト(画面のうなづき)機能を持つ「TVセッターチルトRK100」
・なるべく薄く仕上げたい方向けの「TVセッタースリムRK200」
の2種類があります。
RKシリーズ種類

「TVセッターチルトRK100」は、テレビの上下角度をそれぞれ12度調節できます。
この機能のおかげで、高いところに設置してテレビ画面を下にうつむかせたり、映り込みや反射などでのテレビ画面が見えづらい時、角度を変えて回避することができます。

商品紹介TVセッターチルトRK100 Mサイズ
TVセッターチルトRK100 Mサイズ

7,700 円

実用新案取得! 収納付きチルトタイプ

この商品を詳しく見る


「TVセッタースリムRK200」は、チルト機能を持たないかわり「TVセッターチルトRK100」よりも、27mm薄く仕上げることができます。
なるべくテレビを壁に寄せて設置したいのであれば、こちらの「TVセッタースリムRK200」をおすすめします。
商品紹介TVセッタースリムRK200 Mサイズ
TVセッタースリムRK200 Mサイズ

6,600 円

実用新案取得! 収納付きスリムタイプ

この商品を詳しく見る

「TVセッターRKシリーズ」の特徴

収納スペース付きテレビ壁掛け金具「TVセッターRKシリーズ」には、どのような特徴があるのでしょうか。
気になる収納スペースの詳細から独自の工夫まで詳しくお伝えします。

壁掛け金具と一体化した収納スペース

収納部分
「TVセッターRKシリーズ」の収納スペースはこのようになっています。

約50mmの厚みまで対応するので、ほとんどの据え置き型3.5インチ外付けハードディスクはもちろん、ポータブル型2.5インチ外付けハードディスク、ACアダプター、その他コード類もまるごと収納できます。

考えぬかれた配線孔

配線孔部分
テレビを見るためには、電源ケーブル・アンテナケーブル、さらに周辺機器を接続するためのHDMIケーブルなど様々な配線が必要です。

「TVセッターRKシリーズ」は、収納スペースに配線孔を設けることで、よりスマートな配線・収納を実現します。

幅広いテレビに適合

ねじ穴対応イメージ
「TVセッターチルトRK100」「TVセッタースリムRK200」ともに、画面サイズ:37~65インチ、重量:35kgまでと幅広いテレビに対応します。

最近のテレビは65インチでも重量25kg前後が多いので、ほとんどのテレビに対応していると言っても過言ではありません。

例えば、今は40インチのテレビを使っているけど、将来的に60インチに買い替えたいという場合でも、金具はそのままでテレビの付け替えが可能です。

ただし、テレビのインチ・重量以外にも、テレビ背面のネジ穴間隔、でっぱりの有無なども関係してくるので、最終的な適合の確認は当サイトの「金具適合検索」をお使いください。

まとめ

この記事では、壁掛けテレビの外付けハードディスクをすっきり収納する方法について解説してきました。

「せかっくの壁掛けテレビだけど、外付けハードディスクはどこに収納しようか・・・」という悩みが解決したのではないでしょうか。

テレビ周りは毎日目にする場所です。
せっかくですので、スッキリと機能的に仕上げましょう。

この機会に、ぜひご検討ください。

商品紹介TVセッターチルトRK100 Mサイズ
TVセッターチルトRK100 Mサイズ

7,700 円

実用新案取得! 収納付きチルトタイプ

この商品を詳しく見る

商品紹介TVセッタースリムRK200 Mサイズ
TVセッタースリムRK200 Mサイズ

6,600 円

実用新案取得! 収納付きスリムタイプ

この商品を詳しく見る

投稿者: 成田店長

テレビ壁掛けショップ本店の店長やってます! 街で壁掛けテレビの裏側を覗きこんでいる人がいたら、それはたぶん僕です(笑)